BLOG and NEWS
AKINO WAKABA TOUR!!11.26(sun)
2017.11.01

 

【秋のWAKABA TOUR 2017】at Cajon to Seed!!

11月26日(日)、長野県在住の「白石 才三」さんが久しぶりに金沢にやってきます!!

今回一緒に来られるのは、ローリン・ヒルなど世界的にも有名なミュージシャンとも
共演されているギタリスト、「宮崎 大」さんです!!

この二人のセッションは見逃せません!!

=====================================================

【秋のWAKABA TOUR 2017】at Cajon to Seed!!

11月26日(日)
18:00 open
19:00 start
2,500yen+1drink

当日は通常のお食事、ドリンクもお楽しみ頂けます!!

チケットのご予約、お問い合わせ
076-267-7000(カホントゥシード)

=====================================================

Artist Profile.

宮崎大(みやざき だい)
岡山県岡山市出身、米フィラデルフィア在住のギタリスト。
中学でギターを始め、高校卒業前後にハードコアパンクのバンドで活動。
その後ヒップホップ、アシッド・ジャズ経由でジャズに興味を持ち、ウェス・モンゴメリー、
グラント・グリーン、ジョージ・ベンソンなどのレコードを聴き漁る。20歳で米ボストンの
バークリー音楽大学に入学。ボストンで様々なセッションをこなす中でネオ・ソウルや
フィリー・ソウルに興味を抱き、オージェイズの前座で演奏したことがキッカケとなりフィラデルフィアに移住。

これまでにバンド・メンバーとして共演したアーティストは、ローリン・ヒルやビラルを筆頭に、
キンドレッド・ザ・ファミリー・ソウル、ジャズミン・サリヴァン、ビリー・ポール、K-Ci&ジョジョ、
ガラント、トゥイート、タリブ・クウェリ、ナズ、メアリー・メアリー、ドニー・マクラーキン、
クラーク・シスターズ、ヨランダ・アダムズなど。レコーディングではビラル、ヴィヴィアン・グリーン、
ジョイ・デナラーニ、三宅洋平、Marter、Nao Yoshiokaなどの作品に参加。近年はゴスペル界の
奇才タイ・トリベットのバンドに所属し、第56回グラミー賞のゴスペル部門の栄冠に輝いたアルバム
Greater Than』(2013年)に参加したギタリストとして表彰される。現在はリュダクリスとも活動。
一方で在米の日本人ミュージシャンを中心としたレゲエ~ダブ系バンド=Westlandのメンバーとしても
活動中(最新作は『Westland II』)。目標とするギタリストはランディ・ボウランドと故ジェフ・リー・ジョンソン。
料理好き。スニーカー好き。



白石 才三 (しらいし としぞう)
幼少期はオランダの田舎町で過ごし、17歳からギターを始め、20歳で渡米。
ジャズギタリスト、ジョン・トーマスに師事し、その師弟関係は今も続いている。
2002年、帰国後は、地元長野の仲間とblissed(ブリスト)、  Dai Miyazaki(g)等
、NY、フィラデルフィア、ボストンで活躍する仲間とWESTLAND(活動休止中)、
そして三宅洋平(犬式)と(仮)ALBATRUS(2010年脱退)等数々のバンドでギタリスト/
ベーシストとしてのキャリアを積む。
2007年、BROOKLYNのバンド、MAINSPACE(concent)のレコーディングに参加。
2009年以降NYで活動するDIZZY VENTILATORSとの日本ツアーに参加。(2009,2010,2015,2016)
近年はblissed以外にもSOUND HEROES, anthropos, IRIE JAZZ SESSION等のバンドで地元長野と群馬、
神奈川を中心に日本中で活動中。
2012年アコースティックソロアルバム『INSIDE OUT』をリリース。
2015年オルガントリオアルバム『MYSTIC MOMENT』をリリース。
 VOXアンプエンドーサー。
 inmylife-pro.com

KEISON LIVE!! 11.18(sat)!!
2017.10.27

11月18日(土)!!

久しぶりにKEISONが CAJON TO SEED にやってきます!!

気温も下がり、日本海にうねりが届くこの時期はKEISONの唄声で暖まりましょう。

当日も通常通り、ドリンクとお食事もお楽しみ頂けます。

KEISONと共に「酔い夜」を。

===========================================================

KEISON LIVE at CAJON TO SEED
11月18日(土)
18:00 OPEN
19:00 START
2,000yen+1d

チケットのご予約、お問い合わせ
076-267-7000(カホントゥシード)

===========================================================

【KEISON】profile

1976年静岡生まれ。2000年3月シングル「Fine」でメジャーデビュー。
7月1stアルバム「Keison」リリース。以降7枚のシングルをリリースする。
2004年より自主活動を本格化。インディーズレーベルに場所を移し6枚の
アルバム(ベスト版含む)、2013年にはKazzとのユニット「SIDE-SLIDE」
名義でアルバムを発表。
サーフボードとギターを積んだ旅を続け、独自の世界観と唯一無比の
ヴォーカルと演奏により国内および海外のファンも魅了し続けている。

Makani Pili ~ 海の風 ~ Touching Wind. Film Show & Live Session.
2017.06.10
KUBIKI LEATHER x GOHEMP
2017.06.08

「KUBIKI LEATHER 」x 「GOHEMP」

群馬県のアトリエで、裁断から縫製、仕上げに至るまで全行程をハンドメイドにて制作している
「KUBIKI LEATHER」さんとのコラボ。

温かみのあるカラーリングとデザイン。

経年変化も楽しめるブッテロレザーを使用しています。

内側には「TIME IS MONEY」の刻印入り。

こんなライターケースもあります。

 

二つ折りZIP WALLET  30,000+tax
ライターケース 3,500+tax

「辺銀食堂の石垣島ラー油」 入荷!!
2017.05.31

沖縄県の石垣島、「辺銀(ペンギン)食堂」さんでつくられている
「石垣島ラー油」が入荷しました!!

餃子だけでなく、ラーメンやスープ、炒め物、和え物、様々な料理とマッチします。

僕はたまごかけご飯には、醤油とこのラー油の具を振りかけて食べています。

けっこう美味しいです。

それぞれの料理の「素材のうまみ」を邪魔せず、ピリッと引き締めてくれるラー油です。

お好みでいろいろとお試し下さい。

 

「辺銀食堂の石垣島ラー油」
原材料:植物油、唐辛子、ニンニク、黒豆(大豆)、食塩、山椒、島唐辛子、黒糖、ヒハツモドキ、ウコン、胡椒、ゴマ
内容量:100g

950yen

PATAGONIA YULEX WET SUITS.
2017.05.20

「自家栽培のウェットスーツ」

PATAGONIA YULEX WET SUITS.

緑が青々と茂るグアテマラ。
ここで1940年代から栽培されているヘベアの木は約40年の寿命を一貫して丁寧に
雨水を利用して栽培されます。
このヘベアの樹皮の内側に螺旋状に通う乳液脈の層から出る樹液がラバーを作る原料となります。
採取過程のはじまりは、グアテマラで「ピカドール」と呼ばれる樹液を採取する人々が、
夜明けの数時間前から徒歩で出かけるところからです。
彼らはヘッドランプを使いながら、先の曲がったナイフでそれぞれの樹幹に浅い切り込みを入れます。
ピカドールが木から木へと移動するにつれて、乳白色の樹液は新たな溝を伝って流れ落ち、
細い金属を通って、その下に掛けられたカップのなかに集められます。

この小さなヘベア農園こそがパタゴニアの天然ラバー製ウェットスーツのはじまる場所です。

ゴム農園のために新たに切り開かれた山を焼き払う事無く、二酸化炭素を排出しない、
アメリカ大陸の先住民たちによって何千年も守られてきた永続可能な天然ゴムの製法。
いまそれが一滴ずつ、サーフィン業界のクリーンな未来を築くために役立っている。

 

その天然ラバーでつくられている「YULEX」のウェットスーツをご紹介。

R1 Lite Yulex Front-Zip Long-Sleeved Top.

パタゴニアで初となるフロントジップのジャケットが登場。
脱着がより簡単になり、サーフトランクスの使用頻度も増えます。
トリップにも重宝できる一枚です。
18,000+tax

 

R1 Lite Yulex Long John.

腕の動きを妨げることなく、胴部と脚に保温性を持たせます。
暖かい時期のロングラウンドに安心な一着です。
21,000+tax

 

その二つを合わせてフルスーツに。
通常のフルスーツに比べ、体温調節がしやすく、脱着も簡単に。
初夏〜秋まで重宝できます。

この二着にサーフトランクスがあれば、これからの時期の
普段からトリップまで安心です!!

DYNAMO 4th Anniversary #2
2017.05.20

いつも仲良くさせて頂いている竪町のアパレルショップ「DYNAMO(ダイナモ)」さんが
4周年を迎え、「MIDNIGHT DYNAMOS」と題し、イベントをされます!
その第二弾が6月10日にカホントゥシードにて開催されます!

そのライブには「Soulcrap」さんと「Lemon with Ayuko」さんが!

とても楽しみな夜になりそうです!!

==========================================

「MIDNIGHT DYNAMOS」#2
2017.6.10 sat
19:00 open
19:30 start
3,000yen+1d(500yen)

Info 076-262-5799(DYNAMO), 076-267-7000(Cajon to seed)

==========================================

「Soulcrap」
BLUE BEAT PLAYERSのギター&ボーカルとしても活躍するTaikiと、
もう一人のフロントマンであるギター&ボーカルのIppei、オルガンのAve.らによる前身バンドを元に、
1992年に結成されたSoulcrap(ソウルクラップ)。モッズ・シーンを中心に活動を続けてきた彼らは
一度解散するものの、2002年に復活。その後はマイペースに活動を続け、2010年にファースト・アルバム
『Riddim & Blues』を発表。そのタイトル通り、ジャマイカのスラングでリズムを意味する〈リディム〉と、
リズム&ブルースのエッセンスが渾然一体となった生まれた〈リディム&ブルース〉とは、彼らが敬愛してやまない
ルーツ・ミュージックを、あらゆる地域の音楽が入手できる東京の街からアプローチして生まれた、
Soulcrap独自のスタイルを表すのにピッタリの言葉だ。

スカ、レゲエ、モッズ、ガレージ、パンクなど様々なシーンから厚いリスペクトが捧げられるSoulcrap。
バンドが自ら立ち上げた〈Green Union Records〉からリリースされた、彼らにとって4作目となる
最新フル・アルバム『We’re Rollin’』は、Taiki、Ippeiのペンによるオリジナル曲を中心に、エラ・
フィッツジェラルドでも有名な「When I Get Low」、ブレントン・ウッド「Gimme Little Sign」、
ラテン・プレイボーイズ「Paula Y Fred」などのカバーも収録。ラフでタフなバンド・サウンドから
生まれるルードなグルーヴを、その場の空気感もダイレクトにパッケージした入魂の一作となった

60年代のR&Bにも通じる熱気を孕んだリズムに、2本のギターが絡み合い生まれるゾクゾクするようなグルーヴ。
そこにTaikiの艶っぽさのある嗄れ声と、Ippeiの特徴的な歌声がコントラストを描いていく。
酒と煙の薫りが立ちこめるクラブで夜な夜な燻された、鈍い光を放つ東京のルード・ミュージックがここにある。

 

「Lemon with Ayuko」

シンガー。1999年 ザ・ヘア(現Geno)のあいさとう氏プロデュースによりステージ・デビュー。
2003年 ソロアルバム「みじかいホープ、その他」を発表。
東京の和モノシーン、モッズシーン等での活動を経て2008年よりWack Wack Rhythm Bandに加入、
2015年に脱退。現在はソロシンガーとして活動中。
その他、コーラスグループSmoothAce、小島麻由美などのライブサポートメンバー、CMソング歌唱、
元チェッカーズ武内享氏主催の昭和歌謡イベント「バー武内」での専属歌謡歌手、元ファントムギフトの
サリー久保田率いるサリー・ソウル・シチューのボーカル等、様々な分野、ジャンルで歌い続ける。
自称「歌のおばさん」。
 
 鮎子[ ex.フジロッ久(仮) / ex.Drops ]

4歳からピアノを始め、今に至る。

2015年自主制作アルバム『a dancer’s monologe』発表。

現在はサポートや楽曲提供などを中心に活動中。

GOHEMP 「INDIGO DYE」SERIES.
2017.05.18

GOHEMP 「INDIGO DYE」

ヘンプ55%,オーガニックコットン45%のGOHEMPの生地が藍染めになって登場しました!

ヘンプとコットンの染まり方の違いからなる均一でないインディゴの質感が特徴的です。
通常のカラーとはまた違った、味わい深い経年変化を楽しめます。

カラーは濃いめの「インディゴ」とすでにアタリ感の出ている「ライトインディゴ」の2色!!


BASIC L/SL TEE.
こちらは定番の長袖TEE。
袖が細身のスッキリとしたシルエットです。
5,600+tax


BASIC FOOT BALL TEE.
こちらも定番ですが、根強い人気の七分袖フットボールTEE。
季節を問わずオールシーズンで活躍するので、色違いで何枚も。
5,200+tax


BASIC S/SL TEE.
こちら、ほんとド定番の半袖TEE。
ずーっとさりげなく着れる一枚です。
4,800+tax


LOOSE NECK TEE.
首回りが大きめに開いたつくりですが、袖を短めにスッキリとさせて程よいルーズ感を出しています。
シャツなどのインナーにも使いやすい一枚。
4,800+tax


MUSA TEE.
肩部分にステッチの無いドルマンスリーブの半袖です。
肩、脇回りの締め付けが無く楽な着心地ですが、袖を細くすることでスッキリとさせています。
肩幅が大きい方、逆に小さい方にもオススメな一枚。
5,500+tax

 

今回、この5型を紹介させて頂きましたが、他にも
タンクトップやワンピースなどもあります!!

強度にも優れたヘンプ混の生地だからこそ永く着て
経年変化を楽しめるアイテムです!!

実際に店頭にてこの絶妙な色合いを確かめて下さい!!

KEISON Live at Cajon to Seed!!
2017.04.05

海や空に囲まれた自然の中で感じる自由を歌に、今日も旅を続けるシンガーソングライター、
Keison(ケイソン) が Cajon to Seedにやってきます!!

前回のリズムボックスを使ったライブは新たなケイソンの世界が感じられた
最高のライブでした!!

常に進化を続ける彼の世界観が表現されるライブは毎回楽しみです!!

今回もお見逃し無く!!

皆様のお越しお待ちしております!!

====================================================

KEISON Live at Cajon to Seed
2017.4.14.fri
start  19:30
adv    2,500yen

====================================================

<KEISON profile>
1976年静岡生まれ。2000年3月シングル「Fine」でメジャーデビュー。
7月1stアルバム「Keison」リリース。以降7枚のシングルをリリースする。
2004年より自主活動を本格化。インディーズレーベルに場所を移し6枚の
アルバム(ベスト版含む)、2013年にはKazzとのユニット「SIDE-SLIDE」
名義でアルバムを発表。

 
チケットのご予約、お問い合わせ
076-267-7000(カホントゥシード)
 
ORGAN TRIO feat. Satorawberry-cough Live!!
2017.03.13

2015年にリリースした「白石才三」の最新作”mystic moment”でも冴え渡る
オルガンプレイを見せた金沢出身、ボストン在住のオルガンプレイヤー、
「吉村勇作」の一時帰国に合わせて、今年もツアーが決定しました!
ドラムは岡山の凄腕ドラマー、村上浩二!
そして、日本が誇るジャムバンド”Big Frog”のヴォーカリスト、
サトちゃんこと「Satorawberry-cough」を迎えての
4人の怒涛のアンサンブルをお楽しみに!

===============================================================

ORGAN TRIO feat. Satorawberry-cough
Live at CJAON TO SEED
2017.3.30 thu
open 18:30
start  19:30
ADV   2,500yen

===============================================================

【Artist profile】
白石才三 (g)

幼少期はオランダの田舎町で過ごし、17歳からギターを始め、20歳で渡米。
ジャズギタリスト、ジョン・トーマスに師事し、その師弟関係は今も続いている。
彼のスタイル、スピリットを継承する唯一の日本人。
2002年、帰国後は、地元長野の仲間とblissed(ブリスト)、
SOIL&”PIMP” SESSIONS 元晴(sax)、秋田ゴールドマン(b)、みどりん(ds)とso-ill
2014 グラミー賞ベストゴスペルアルバム全曲参加ギタリストDai Miyazaki(g)等、
NY、フィラデルフィア、ボストンで活躍する仲間とWESTLAND、そして三宅洋平(犬式)と
(仮)ALBATRUS(2010年脱退)等数々のバンドでギタリスト/ベーシストとしてのキャリアを積む。
2007年、BROOKLYNのバンド、MAINSPACE(concent)のレコーディングに参加。
2009年と2015年にNYで活動するDIZZY VENTILATORSとの日本ツアーに参加。
近年はblissed、so-ill以外にもMARTER(JAZZY SPORT)とのセッション(2枚のEPをリリース)や
IRIE JAZZ SESSION、Toshizo and Happy Cats、THE KITCHENS等のバンドで地元長野と
神奈川を中心に日本中で活動中。
2012年アコースティックソロアルバム『INSIDE OUT』をリリース。
2015年オルガントリオアルバム『MYSTIC MOMENT』をリリース。
VOXアンプエンドーサー。
http://inmylife-pro.com

吉村勇作 (org) from Boston USA
1981年5月20日生まれ、35歳。 石川県金沢市出身。
10歳でピアノを始め、2000年、高校卒業と同時に19歳で渡米。
ボストンはバークリー音楽大学で2年間学び、その後ボストンを拠点に
キーボーディストとして活動開始。 アメリカ国内外の著名アーティストと数多く共演。
レゲエキーボーディストとしてEarl Chinna Smith率いるInna Di Yard プロジェクトに参加。
ジャマイカ、キングストンにてKiddus I、Bob Andy、Leroy “Horsemouth” Wallace、
Ken Boothe、Ras Michael、The Viceroys、The Congosなど著名レゲエアーティストとのライブ、
レコーディングに参加。Reggae/R&Bユニット”Westland”のメンバーとしてアルバムを2枚リリース。
ジャパンツアー成功させた。
その他共演したアーティスト: Anthony B, Fantan Mojah, Everton Blender, Mr. Perfect,
The Skatalites, ,Tony Rebel, Queen Ifrica, Junior Toots, Mystic Bowie(Tom Tom Club),
Toussaint the Liberator(Soulive), Marterなど。

村上浩二 (ds) from 岡山 JAPAN
1985年6月20日生まれ.
岡山県笠岡市出身
表現力を磨くため、NY,CHICAGO,NEW ORLEANS,HABANAへ渡る.
R&B,HIPHOP,JAZZ,ROCK,WORLD,LATIN.CLASSIC…
和楽器とのコラボレーションやAFRICA MUSIC.など幅広く活動。
ドラム講師としても各地でレッスンを開催。


satorawberry-cough(vo)
1996年 日本のJam Rock Band “Big Frog”にボーカリストとして参加。
数々の海外アーティストのopeningactを経験しながら 自身のRock singerとしてのスタイルを確立。
Jam Band Sceneの本場 アメリカでのツアーはもちろんのこと アムステルダムでの
ツアーの経験をへて NY Madison Square Gardenで行われた Jammy’sや今年 FRFに
出演決定しているmoe.が企画しているmoe.downにも出演。
Big Frog活動停止後 ソロ活動を経て現在 boccaのボーカリストとして活動中。

チケットのご予約・お問い合わせ
076-267-7000(カホントゥシード)

920-0345 金沢市藤江北4丁目491番[MAP]  TEL 076-267-7000
OPEN:11.00~21.00 Holiday:Every monday,2nd sunday
Copyright © Cajon to seed. All Rights Reserved.